セカンドサーブは入れにいくべきなのか?

スポンサーリンク
serve statsサーブ

入れにいくセカンドサーブはダメという話

テニスの試合・ゲーム形式における1ポイントの区切りはサーブから始まりますね。

 serve

相手が打ち返せず決まる事もあるし、リターンでポイントが決まる事もあるし、ラケットとの接触3回目以降になる事も多いです。

サーブは、相手に左右されない半面、「自分で発生させたエネルギー」で打つショット

サーブは唯一、相手ショットに影響されずに打てるショットです。

ボールが飛び回転がかかるために使用できるエネルギーは『1. 重量と速度を持って飛んでくるボールのエネルギーをラケットで反発させる』『2. 自ら加速させたラケットのエネルギーをボールに伝える』“2つ”があり、我々はショットの種類によってこれら2つを使い分ける、バランスを取って使っていると思います。

サーブで言えば、自らトスしたほぼ速度ゼロ (ボールの持つエネルギーも極めてゼロに近い) ボールを打つ、『2』の自ら加速させたラケットのエネルギーでボールを飛ばし、回転をかけるショットと言えるでしょう。

serve

エネルギーの大きさは『1/2 x 物体重量 x 物体速度 ^2 (2乗)』で表せます。

打つボールと手に持つラケット重量は固定 (ゴルフのように打つたびに変えられない) ですから「出来るだけ重いラケットをインパクト前後までに出来るだけ速い速度まで加速させ、うまくラケットとボールが当たるようにすれば、自身にとって最大のボールの質 (速度&回転量) が打てる」理屈です。

どう実現すればよいのかは別にして単純明快で誰にでも分かりやすい話だと思います。(この辺りをすっ飛ばして「形は」「コツは」という部分に目が行ってしまいがち)

入れにいくセカンドサーブはダメ

テニスゲームにおけるポイントはサーブから始まります。ご存知の通り、サーブは2回連続で失敗すると自分の失点 (ダブルフォルト)。それが続けば、打ち合う事無く自分のサービスゲームを落としてしまいます。「サーブが入らない」というだけで試合に負けてしまうということです。

スライスサーブ

ダブルフォルトを避けるべく、皆「1stが入らなくても、2ndは必ず入れる」と思ってサーブを打っています。2ndサーブは速度を落とし、自信がないなら山なりで遅い「入れにいく」サーブを打つ事も少なくありません。

でも、ある程度レベルが上がってくると「(あからさまに) 入れにいくセカンドサーブはダメ」と言われるようになります。

serve

リターン後のラリーからポイントスタートみたいな相互認識

個人的にですが、緩い山なりの「入れにいく」サーブを当たり前に選択される方は「どんなサーブを打っても相手は取り敢えずリターンしてくれ、その後のラリーからポイントが始まる」といった “変な相互認識”が前提にある気がしています。

きちんとした試合の場、初対面の対戦相手が打ちやすい所にリターンしてきてくれるとはちょっと思えません。テニススクールのレッスン、お互いのテニスをしっているからこそ「緩いサーブを打ってもOK」みたいな認識かもしれませんが、相手に『良いリターン』をされてしまうと「相手に左右されず打てる唯一のショット」というサーブの利点を自ら消してしまうという “大前提”を忘れたくないです。

そのサーブは本当に「ナイスサーブ」なのか?

サーブでポイントが決まると「ナイスサーブ」の声がかかったりしますよね。

でも、個人的にですが、

そのポイントは「サーブが良かったから発生した」のではなく「相手のリターン技術が拙い (未熟) ために発生している」のではないか?

とよく思うのです。

リターン側がプロテニスプレーヤーだと思って下さい。

「自分の “ベスト”のサーブをいくら打っても全てうまくリターンされてしまう。リターンも深く、満足にラリーに入れない」

そんな中、今まで通りにサーブを打てるでしょうか?

returnreturn

そんな「相手のリターン技術が非常に高いケースを想定しない」「相手を観察して、今、自分はどういうサーブを打つべきかと考えない」「自分がサーブを打つ事しか考えられていない」状態 でサーブを打っているのかもしれないのです。

だから、私が個人的に最もレベルを上げたいショットは『リターン』です。

少ない時間ながらも、熱心にサーブ練習をする方は少なくないと思います。逆にリターンは「ストロークのコンパクト版」といった認識だったりしてサーブほど熱心に考えないのではないでしょうか?

自分の打つサーブのレベルが “急激に” 上がる事は少ないと思います。

自分のリターンのレベルを上げれば「今まで相手のサーブポイントだったものが、少なくとも “リターン時点” では得点にならなくなる」と考えならこの違いは小さくないでしょう。

※先の述べたボールを飛ばす、回転をかけるための2つのエネルギー (ラケットとボール) で考えれば、ショットの中で最も速度のあるサーブはボールが持つエネルギー量が大きいので「ラケットを加速させて飛ばす」意味が小さい。速度が速く、準備時間がない。ストロークほど返球に回転や速度が不要な点はボレーと同様なのに「ストロークのコンパクト版」と考えている事自体が “ズレている” のかもしれないのです。

サーブを “確率” で見るということ

サーブ関連で “確率”というと『ファーストサーブが入る確率』等を思い浮かべるかもしれません。

ATPやWTAのサイトでは各選手の統計情報 (スタッツ) が掲載されていますが、それを見るとファーストサーブの方はあっても『セカンドサーブが入る確率』が掲載されていない事に気づきます。

serve stats

「2ndサーブを入れるのは当たり前だから」とは思えません。プロでもマッチポイントでダブルフォルトをして負けるシーンは見ますよね。

あくまで想像ですが「数字として “重要ではない” から」ではないかと思いました。2ndが入ろうと、入らなかろうと「結果的に2ndでどれだけポイントを取れたか?」が重要という事です。“2nd Serve Points Won” の数字は書いてありますよね。(入った2ndが100回あり、その内50回得点できていれば2nd Serve Points Wonは50%)

日本人だと、野球の “打率” や “防御率” 等の数字に慣れてしまっており、テレビ放送等でも数字が出るので『サーブが入る確率』に目が行ってしまいます。

ただ、次に述べる統計学的なアプローチを踏まえると「サーブが入る確率よりも結果的に得点出来た確率の方を重視すべきなのではないか?」という考えが思い浮かんだのです。

マネー・ボールとセイバーマトリックスの話

野球にはセイバーマトリックス (SABRmetrics)という試合結果等のデータを統計学的な見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析の手法があります。

※このSABRは アメリカ野球学会 (Society for American Baseball Research) の略称ですが、フェデラー選手のスニークインによるリターン (SABR – sneak attack by roger) が即座にネーミングされた感じだったのと無関係ではないかもしれませんね。

統計学的に野球を考えると

  • チームで1番の強打者が入る打順は “4番” という通説に対し「打順が回ってくる数が多い1番, 2番等の打順に強打者を置くほうが得点確率は高まる」という考え方
  • ノーアウト1塁なら贈りバンドで1アウト2塁にするという通説に対し「ノーアウト1塁より1アウト2塁の方が得点への期待値が低い。わざわざアウトを与えて得点確率下げるバントは無意味」という考え方

等があったりします。

aseball bunt

※MLB球団でも程度の差はあっても統計学的アプローチは多くの球団が採用していると見られるし、日本のプロ野球でも近年この影響が出ています。同時に数字 (確率) を重視する野球はハプニングが起きづらく、ファンが喜ぶ奇跡的な得点や珍プレーを減らします。プロ野球各球団が統計的アプローチを強める中で「最近の野球はつまらない」という声が大きくなってきているのも確かです

自分の “2nd Serve Points Won” はどの位か?

自分が打つサーブについて、漠然とでも「1stが入る確率は5割位、2ndは8割位入るかな」といった数字は各自が持っていると思います。

でも、プロでもなければ、ファーストサーブが入った際に得点した確率である”1st Serve Points Won” 、セカンドサーブが入った際に得点した確率である “2nd Serve Points Won” を聞かれてすぐに説明できる方は多くないでしょう。

serve stats

普段、サーブが入った際にどの位ポイントが取れているかと意識する機会がありませんからね。

サーブが入った際、どの位の確率で得点出来ているか?

さて、『サーブの入る確率』ではなく『自分のサーブが入った際、どの位の確率で得点出来ているか?』という観点で考えた場合、「ダブルフォルトしないためにセカンドサーブを入れにいく」という事を再考せざるを得ないと思いました。

例えば、

  1. 確率の高くないサーブで2ndを打つ → ダブルフォルトで即失点
  2. 入れにいく緩い山なりの2ndサーブを打つ → 相手に良いリターンを打たれ、結果的に失点

の2つはセカンドサーブにおける失点という意味では大差ないと思うのです。

でも、「ダブルフォルトはダメ」という認識から多くの方が、

結果的に失点しても『2』の方が望ましい結果だ

と考えるでしょう。

悪く言えれば「サーブは入った。失点は仕方がない。運が無かった」で済ませてしまう感じです。

また「確率が高く、相手に良いリターンをされにくい2ndを打つべき」という話になると、また「スピンサーブが…」等と「相手のリターンを考えずに自分がサーブを打つことばかり考えてしまう」所に戻ってしまいます。

(周りでリターン技術の高い方が居ない現状がそうさせる面もありますが)

練習相手が居るから「ダブルフォルトを気にせず打て」とは言えない

テニススクールのレッスン等であれば、サーブが入らなければ相手はリターンしない、その後のラリー、打ち合いにおけるやり取りも発生しない。

つまり『サーブが入らない = 相手の練習機会を奪う』事にもなります。

周りの方々は自分と同じかそれ以上に時間とお金をかけてそのレッスンに参加しているかもしれません。

だから「周りなんて関係ない。自分は自分のやりたいテニスをするだけだ」といった考え方を許容はできません。

相手ありきのスポーツであるテニスですから、周りを自己満足の犠牲にするような方はテニススクールではなく自らお金を出してコートと相手を確保すれば良いと思います。

「ダブルフォルトしても構わないから強く打て」なんて事を言うつもりはありません。

(同時に、繰り返しになりますが「取り敢えず相手がリターンした所からポイントがスタートする。だから緩く山なりのサーブで良い」みたいな “不自然な” 相互認識も否定したいです)

ただ、イチかゼロか、AかBかみたいな考え方をする必要があるのかなとは思います。

我々は「テニスは特別なもの、難しいものできちんとした人に『正解』を教わらないとうまくならない」と思っている部分があります。

ダブルスファーストではなく、効果的なサーブを2回打つ

「5割で入る」は「2回打てば入る」ではない

我々は、つい『誤解』してしまいますが、

「5割の確率で入るサーブ」という表現と「2回打てば入る」は同じではない

のです。

(1万回打とうが「1回毎に確率は5割」です。統計上、5,000回入ったとしても「2回打てば入る」と考えるのは正しくない。)

『サーブの入る確率』x『入った時に得点出来る確率』

よくありそうなファーストサーブ、セカンドサーブに対するイメージは、

  • 速度の速いフラットで1stを打つ。確率は3~4割位。
  • 速度を落としたサーブで2ndを打つ。確率は8割位。

といった感じでしょうか。

単なる数字のお遊び、単なる計算ですが、仮に、ファーストサーブが入った場合の得点確率を6割。セカンドサーブが入った場合の得点確率を5割としましょう。(1stの入る確率を4割とします)

その場合、『サーブの入る確率』と『入った時に得点出来る確率』をかけるとこうなります。

  • ファーストサーブでの得点確率 – 0.4 x 0.6 = 0.24 (24%)
  • セカンドサーブでの得点確率 – 0.8 x 0.5 = 0.4 (40%)

2ndが8割入ると言っても打つ機会から見れば「2回に1回も得点出来ていない」計算になりますね。

2ndを打てるので同じ視点では見られませんが、1stが4割入るといっても打つ機会で言えば「4回に1回位しか得点に繋げられていない」計算です。

セカンドサーブの確率を8割以上に上げるのは難しいでしょうし、9割に上げても45%にしかなりません。大事になるのは『サーブの確率』より、セカンドサーブが入った際に得点した確率である “2nd Serve Points Won” の確率を少しでも上げる事なのだろうなと考えます。

※サーブの確率が重要ではないという意味ではありません。
※プロの “2nd Serve Points Won 50%” 等とは持つ意味が違います。やっているテニスのレベルが段違いですからね。

効果的なサーブを2回打つ

「1stは確率が多少下がっても速度のあるフラットサーブを打つ。入らなければ速度を落とした2ndを打つ」といった思考が一般的であろう中で、私は最近、

「6~7割位の確率で入る、入れる自信がある “効果的” なサーブが打てるなら、それを “2回” 打てばよいのではないか?」

と思う気持ちが強くなってきました。

※もちろん、一緒に練習する周りの方々の練習機会を奪うのは本位ではありませんし、勝負のかかったきちんとした試合の場等ではまた違ってくるのでしょう。

2ndであからさまに速度を落とさないので周りからは1stで使うサーブを2回打つ『ダブルファースト』を打っているように見えるかもしれません。

でも、私にとっては『3~4割入るフラットサーブ』等ではなく「6~7割の確率で入る工夫をしたサーブ、それなりに自信を持って打っているサーブを2回打っている」意識なのです。

サーブで望まれるのは「ポイントを取る事」より「良いリターンをさせない事」でしょう。

リターン技術の高い相手なら自分のサーブが途端に通用しなくなる懸念を常に持ってサーブについて考えたい。

だから、自分もサーブ以上にリターンについて考え、またそれを「どんなサーブを打てばリターンしづらいか」に活かしていきたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました