MENU

何故、テニスが上達しないのか?

※私は専門家でもコーチでもありません。自分の上達のために色々考え、それをブログに書いているだけの者です。そもそも会ったことも自分のテニスを見せた事もない者の話を鵜呑みにするのは危険です。ここで書く内容も単なる情報。理解も解釈も読む方にお任せするしかありませんし、同じ理解をしていただける自信もありません。間違いもあるでしょう。まずは普段からテニスを見ているコーチに相談される方が絶対に良いです。なにかしら試される場合でも怪我等なさらないようご注意ください。

目次

我々のテニスが上達しない3つの理由

「テニスがなかなか上達しない」と考える人は少なくないでしょう。

YouTube等でも日々提供され続けるテニス上達をうたう動画。色々試しているけど効果が実感できない。次の情報、次の情報と探しながら数年経っている。そんなケースが殆どではないでしょうか。媒体が本や雑誌からDVDになり、ネット動画になり、「分かりやすい」と感じる反面、「なかなか効果が出ない」という状況は改善されていない気がします。

個人的にですが、テニススクールでレッスンを受ける我々のような人達のテニスが上達しない理由として大きいのは以下の3つの前提欠落があると考えています。

  1. 「自分のテニスを上達させるのは結局自分自身だ。コーチや周りの人達ではない」という理解の欠落
  2. 「テニスは相手とするものだ」というテニスの前提に関する認識の欠落
  3. 「ボールが飛び回転がかかるのはエネルギーが加わって起きる物理現象だ」という前提となる理解の欠落

重要な点は「ボールの打ち方」等の問題ではないという点で “ボールの打ち方の” 動画を見てもテニスが上達しないという話に繋がります。

※繰り返しますが、専門家でもコーチでもない者が言う話です。「そんな事は無い」と思われるなら、ボールの打ち方を学び、ボールを打つ練習を続けてください。

1. テニススクールに通う

「成人がテニスを始まる際、唯一と言って良い選択肢がテニススクールだ」と思っています。

整備されたコート、たくさんのボール、コーチを含めた練習相手を1年を通じて朝から夜まで自分の都合の良い時間帯で確保出来る。最近なら室内型の大型スクールが増え、天候や気温に左右にも左右されずに済みます。このような練習環境を個人で確保し続けるのはかなり難しいです。

lesson

同時に、テニスを教えるにはテニスが上手いとは異なる経験やノウハウが必要であり、経験者のお父さんがお子さんに教える、テニスサークルの練習会に初心者が参加する。どちらも「あまりの上達しなさ加減に教わる側、教える側、どちらともなく止めてしまう」結果しか想像が付きません。スクール(学校)の名前が示す通り、教えるためのプログラムや手法がきちんと整理、運営されているのがテニススクールになると思っています。

2. テニススクールに通っても “テニスは” 上達しない

上達のためにテニススクールに通い始める、通い続ける方は多いと思います。その反面、加入前に皆が思い描く「テニススクールに通い、専門家であるコーチに習えば、プロみたいにかっこよくボールを打ち、試合でも良い所がみせられるのでは」といったイメージが実現する人は皆無だと思います。(※)

※後述しますが上達出来る人は “自分で勝手に” 上達します。上達しない我々にはそれがないという事です。

tennis

出来上がるのはやたら強いボールを打つ初心者

テニススクールの指導では主に「手順としてボールの打ち方を示し、見本をマネさせる」という手法が取られます。

「グリップはこう、横向きになって、足踏みして、ラケットを出して、ボールの下側から上に向けてインパクトしてまっすぐフォロー」みたいなやつですね。

確かに、ボールの速度や弾み方、ラケットを扱う感覚のない初心者、理屈の理解が難しいキッズ向けには有効な手法です。打ち方を伝え、マネさせる事で、彼ら、彼女らは「練習するほど上達する」感覚を得られる。よく聞く「ボールを打つのが楽しい」という状況ですね。

その一方、ボールを打てるようになり、初級、中級、上級の認定は上がる。ボールを打つ技術や打っているボールの威力は格段に上がっても我々の思考はこの初心者の頃と変わらないままであり、言わば「やたら強いボールを打つテニス初心者」で居ます。

上級認定者でもレッスン中に見せるのは「1ポイント取る間に2ポイント失う」「相手のミスショットを自分もミスショットで返すような展開」「何でポイントが決まったのか誰も分からない。何となくポイントが決まり、何となく勝敗が決まる」そんな試合、そんなテニスなのです。

上達しない状況を自己肯定し始める

また、「自分はスクール上級だ。周りにも通用してるし、自分の方が上手い位だ。自分は十分上手くなった」と上達しない現状を自己肯定し、自信すら見せる方も出てきます。

上級というだけで自身満々。周りに飛ぶ抜けて上達していく人なんて居ない。全員が同じ停滞状態であり、危機感も抱きません。「一般プレーヤーとしての妥当なゴールに到達した」と思うのかもしれません。

我々にとってのテニスの上達とは「圧倒的に残ったままになっている出来ない事を減らしていく作業」と思いますが、実際には「数少ない出来る事頼りでも何とかなる (バックハンドでは打ちたくない。全てフォアハンドで打ちたい) 」という思考に支配しされています。

数少ない出来る事で十分やれる。出来ない事はやりたくない

加えて我々には「せっかくの週一テニス、気持ちよくボールを打って終わりたい」といった意識もあります。

具体的な上達イメージが持てないから出来ない事を練習もしたくない。周りもフォアで打っている。必要ないから練習する気も起きないという感じでしょうか。

我々の思う「上達したい」は「何かのきっかけで運良く上達したらいいな」

まとめると我々が口にする「上達したい」は「分かっている人に “正解を” 教えてもらって、今よりちょっと上手くなる事があったら良いな」程度のものだと思います。(反論はあるでしょうが)

効果の見えない手間や苦労はしたくないし、今出来ている事だけでも十分通用している。強い必要性を感じている訳ではないのです。

前提の欠落1「自分で自分のテニスを上達させる」という意識

私は「自分のテニスを上達させるのは結局自分自身だ。コーチや周りの人達ではない」と強く思っています。

我々が自身のテニス上達を考えた際、「分かっている人の言う正解を聞き、実行するのが間違いない」と考え (今なら) YouTube等でテニス動画を見るでしょう。その際、聞いた事のあるありきたりの内容ではなく “より高度な” 説明を求めようとする。市販の薬は効かないから病院で処方薬を飲むべきだとった感じ。

lesson

ただ、私には、専門家やプロですら何年、何十年とかけて得られた理解や感覚を直接教わるでもなく短い動画を1、2度見ただけで「自分も出来るようになる」と考えている事にそもそも無理がある 気がします。

仮に世界No.1コーチに教わっても教わる側が「説明される内容を理解し、忠実に再現する」事ができなければ指導そのものに意味が無いです。

coach

教わる側が説明する側と近い知識や理解を共有している事が望まれる

「コーチなんだから分かるように説明してよ」と思われるかもしれませんが、仕事の手順を説明する際「はいはい。分かってますよ」と話を聞かず、その仕事の経緯や目的、やる理由、求められる結果等を考えようとしない。結果、その辺りで失敗をして「言われた通りにやりました。効いてないから自分は悪くない」と逆ギレするメンバーにレベルアップしてほしいと丁寧に教える気になるでしょうか。

スポーツ界で実績を残されている方が言われる

  • 「新しいことを試しても効果が出なければ1日で止めてしまう。それはもう願掛けと同じだ 」
  • 「俺より下の子が本気出して練習しない事を知っている。練習について来られず、正しい事を伝えても「伸びないんだ」となる。本当にやるすごい努力家は自分で勝手にチャンピオンになっている。「上手くならないんです」と教わりに来るのはやらない奴。だから俺はコーチングしない」
  • 球数の話はあるが、ボールを投げずにコントロールは良くならない。人にアドバイスを受けても、試行錯誤を問いして自分なりのものにする課程が必要。
  • よく変化球の握りやリリースの仕方の話題になるが、皆ただ投げているだけだから「曲がらない」という話になる。自分が何で変化球を投げられるのかを分かっていればどんな握りでも同じ変化を出せる。

といったお話は「上達するか、しないかの差を明確に指している」と私は考えます。

way of thinking

前提の欠落2 相手とではなく “ボールと” テニスをしてしまう)

テニスは相手ありきのスポーツです。

素振りや壁打ちはあっても、相手が居なければ練習も出来ません。テニスのルール自体が相手との試合を前提としたものです。「そんなの分かっている」と言われそうですが、テニススクールでレッスンを受けている我々を見れば、ネットの向こうに要る練習相手、対戦相手ではなく、常に目の前の “ボールと” テニスをしようとしている」のは明らかだと思います。

tennis

レッスン中にコーチから「今、なんでそこに打ったの?」と聞かれる事があります。ボールをを打つ際には根拠が必要で、プレーからは「考えてない」ように見えるという指摘です。答えられなかったり、その場で考えた検討違いの話をし始めたり。これを意地悪だと感じる人はまさに「考えてない」証拠でしょうか。

テニスの練習 = 上手くボールを打つ練習という刷り込み

我々は、ニスを始めたその日から継続的に「テニスが上手い = 上手くボールを打てる事」「テニスの練習 = 上手くボールを打つ練習」という刷り込みを受け続けていると考えますす。

上で述べたようにテニスを教える際、主に「手順としてボールの打ち方を示し、見本をマネさせる」という手法が取られます。これはボールの速度や弾み方、ラケットを扱う感覚のない初心者、理屈の理解が難しいキッズ向けには有効な手段です。

一方、相手との駆け引きと言うと「ボールを打てるようになってから覚えれば良い応用編」といった扱い、認識で殆ど取り組まない。ボールの打ち方への熱の入れようとは格段に興味の差があると思います。

皆が好むのは球出しのボールを繰り返し打つような練習であり、「ダブルスで相手を動かしてスペースを作る」みたいな事をやらせると練習意図を理解できずに誰も満足に実行出来ないし、試合をさせると全員が「相手に向けて強く打つ」とかになってしまう訳です。

相手とテニスをするための手段が目的化

テニスをプレーする極限尾目的は「相手に勝つこと」だと思います。

試合中のこの状況、今この場所から、どこにどんなボールを打ち、相手にどう返球させ、その返球を自分はどこにどう移動して、どう処理し、どう得点に結びつけるのか?或いは失点を防ぐのか? 当然、その3打 (1往復半)で決まらず、その次、その次と想定しつつ打つ場合もあります。

そういう相手との試合で使うイメージがあるから「ここからこういうショットを打つ練習をしよう」という流れになります。相手に勝つ (ポイントを得る)という “目的” のため用いる “手段” としてのショット練習ですよね。

テニススクールのレッスンではコーチから練習内容が示されますが、その中には我々が現状出来ない、出来るようになるべき課題があります。コーチがその練習メニューを設定した意図を考えず、相手が打ち返せない、触らせないようにう

tennis
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次