lond0ba

サーブに対する理解

ラケットダウンに対する理解

ラケットダウンの形を作ります サーブの練習をする際に"トロフィーポーズ"と同様にサーブ中の代表的な形として示されるものに"ラケットダウン"があります。 初心者の方にサーブの説明をする際、最初からラケットダウンの形を作らせた状態からラケッ...
サーブに対する理解

トスの高さとトロフィーポーズ

打点の高さとサーブの確率 一般的に「サーブはできるだけ打点を高く取った方が確率が上がる」と考えられています。 それは間違いではありませんが、一般的な身長の人にとっては意味がないことです。 先に伸べたように身長2mの人がサーブを打っても...
サーブに対する理解

サーブでジャンプする意味3

回転をかけてサーブを打つということ サーブを打つ際、全て回転をかけて打つ必要があります。理由は既に書いたように身長2mを超える人でも無回転のサーブを入れるのはほぼ不可能だからです。 多くの人が「回転をかけていない」という意味で言う "フ...
サーブに対する理解

サーブでジャンプする意味2

サーブでジャンプする弊害を考える 既に書いたようにサーブを打つ際、打点を高くするためにジャンプをすることにほぼ意味はないと考えられます。 一方、サーブがうまく打てない人の多くは「ボールを打つ度に飛び方が違う」「ボールにスピードがない」「...
サーブに対する理解

サーブでジャンプする意味1

サーブを打つ際にジャンプする サーブを教わる際にプロや上手な人が打つサーブのフォームを参考にするせいか「サーブはジャンプして打つもの」という先入観を皆が持っています。 ただ、先に計算した通り、身長2mの人が打っても "無回転のサーブ" ...
サーブに対する理解

フラットサーブに必要な打点の高さ

フラットサーブを入れるのに必用な打点の高さを計算 一般的に多くの人がサーブの基本として教わるのは "フラットサーブ" だと思いますが、フラットサーブを打つには高い身重が必要で、2m以上の身長があるのでもなければサーブを打つ際には回転をかけ...
プロネーションについて

トップスピンをかける (プロネーション) 2

前に向かってラケットを振る中でトップスピンをかける プロネーションでスピンがかかる理屈をもう少し具体的に書くと、グリップの後方から追従してきたラケットヘッドがグリップ側を追い越す際、打ち出し方向にグリップ側からまっすぐ進んでいたラケット軌...
プロネーションについて

トップスピンをかける (プロネーション) 1

トップスピンをかける方法 2)プロネーションを使う方法 前腕の回内 (プロネーション) を使う方法です。 プロネーションという言葉が一人歩きしておりボールの威力を増す秘密のように言われていますが、プロネーションは単に "前腕を内側に捻...
プロネーションについて

トップスピンをかける (スイング角度)

トップスピンをかける方法 1)スイング角度を調整する方法 これは割合シンプルな方法です。ラケットでスピンをかけるための基本的な理解であり、初心者の方などはまずこれを実践してみてはどうかと思っています。 前述の通り打ち出す角度に対して9...
プロネーションについて

フォアハンドにおけるプロネーション

フォアハンドでトップスピンをかける フォアハンドやバックハンドでストロークを打つ際、トップスピンをかけて打つのが基本とされますが、色んな意味で「誤解がある」と考えています。 まず、トップスピンをかける際は「ラケットをボールの下側から上側...
スポンサーリンク