lond0ba

プロネーションについて

グリップの厚さとプロネーション3

厚いグリップで打つサーブのラケット軌道 厚いグリップで打つ "羽子板サーブ" のラケット軌道イメージを見てみます。 極端に厚いグリップでサーブを打つ場合、ラケット面は最初からボール方向を向いており、ラケットの中心軸と前腕は同一線上に...
プロネーションについて

グリップの厚さとプロネーション2

前腕のプロネーションを確認する 前述の通り、プロネーションとは肘から手首までの前腕にある2本の骨が捻れることで起きます。ラケットに大きくその効果を反映させるには "前腕とラケットに角度が必要" になります。 プロネーション例1 (腕とラ...
プロネーションについて

グリップの厚さとプロネーション1

プロネーションを使うためにサーブは薄いグリップで打つ? サーブを練習する際によく言われることは「サーブは薄いグリップで打つものだ」という事です。何故、厚いグリップで打ってはいけないかという説明でよく言われるものが「厚いグリップではプロネー...
プロネーションについて

サーブにおけるプロネーション

プロネーションを使うことはサーブのコツなのか? サーブの練習をしていると「サーブではプロネーションを使え」「プロネーションが威力を上げるコツだ」のように言われることがよくあります。 ただ、私は、そう言っている人の多くが「プロネーションの...
プロネーションについて

回内(プロネーション)とは

前腕の機能としてのプロネーション テニスでよく耳にする「プロネーション」という動作は、肘から手首までの前腕にある2本の骨(尺骨と橈骨)が捻れることで起きる動作です。 よく誤解される "手首を回す動作" ではありません。これは反対側...
グリップについて

脱力って何だろう

今、日本のテニス界隈は"脱力"ブーム? 他のページでも書いていますが改めて。 今、日本のテニス界隈で流行りのキーワードと言えば "脱力" です。 雑誌は動画等のテニス解説では"脱力"という言葉で溢れていますし、一般の方々がテニスについ...
グリップについて

ボレーを打つ際の打点位置

ボレーを打つ打点の位置 コンチネンタルグリップ等の薄いと言われるグリップで打つショットであるボレーを考えてみます。 まず、初心者の方など、ボレーを打つ際に "どの辺りの位置、打点でボールを打てばいいのかよく分からない" ことが多いと思い...
グリップについて

薄いフォアハンドでトップスピンを打つ

コンチネンタルグリップでフォアハンドのトップスピンは打てるのか? 今どき、コンチネンタルグリップなどの"薄い"と言われるグリップでフォアハンドを打とうとする方、ましてやその薄いグリップでトップスピンを打とうと考える方は殆ど居ないと思います...
グリップについて

グリップの厚さと打点の位置

ラケットを握るグリップの厚さ フォアハンド等を打つ際「グリップが厚い方がスピンがかかる」と言われます。 テニスを始める際に教わるフォアハンドのグリップは"セミウエスタングリップ"位でしょうか。その後、トップスピンを打てるようになると「グ...
ラケットスイング

ラケットスピードとグリップの関係性

加速したラケットが体の位置を追い越し前に進んでいくには厚くないグリップの方が向いている 打点の位置に相当する "ボールの打ち出す角度に自然とラケット面が向く (打ち出し角度に対し真後ろから90度で当てるのが最も正確にインパクトできる) ラ...
スポンサーリンク