ボールを正確に捉えるために

ボールを正確に捉えるために

安定したスイング軌道

ラケットでボールを飛ばすということ (おさらい) ラケットでボールが飛ぶ理屈 でも書いたように人がラケットを振る理由の多くを占めるのは “ラケットを振ることでボールを飛ばすための運動エネルギーを得る” ためです。ボールにラケットを当てて思...
ボールを正確に捉えるために

トップスピンの必要性

トップスピンをかけて打つということ トップスピンは、ボールの速度が速いことで、打ったボールが相手コートのライン内に収まらずアウトしてしまうのを防ぐことが基本にあります。回転をかけることでしっかり振り切ってもボールがライン内に収まるので「飛...
ボールを正確に捉えるために

ラケットを大きく動かすほど当たりづらくなる

ラケットを動かす長さとボールへの当たりづらさ ラケットをボールに当てる際、10cm動かすのと1m動すのではどちらが当たりやすいかは一目瞭然です。より正確にラケットでボールを捉えるためには、スイング中にラケットを動かす距離はできるだけ短い方...
ボールを正確に捉えるために

頭の位置が動くほど当たりづらくなる

ボールを打つ際に頭の位置が動いてしまう影響 なんとなく当たり前のように聞こえるかもしれませんが、単に「打つ際に頭が動く」という事象を言っているものではありません。 まず、人の頭はボーリングのボール1個程(6-7kg)の重さがあり、体を動...
ボールを正確に捉えるために

ボールを良く見る

あまり気にしない"ボールを見る"ということの意味 集中力がないキッズテニス向けのアドバイスではありません。 人がボールの位置を把握するほぼ唯一の方法は "両目からの情報" です。 ボールを追う際、ボールを打つ際、プレイ中は常に "顔の...
ボールを正確に捉えるために

ラケットでボールを正確に当てるということ

ラケットでボールを正確に捉える ラケットを振りボールを飛ばす前に理解しておいた方いいことがあります。 初心者からある程度練習を続けている方まで、ラケットがボールに正確に当たらないことで、毎回、飛び方が違ってしまうことがよくあります。初心...
スポンサーリンク