プロネーションについて

プロネーションについて

トップスピンをかける (プロネーション) 2

前に向かってラケットを振る中でトップスピンをかける プロネーションでスピンがかかる理屈をもう少し具体的に書くと、グリップの後方から追従してきたラケットヘッドがグリップ側を追い越す際、打ち出し方向にグリップ側からまっすぐ進んでいたラケット軌...
プロネーションについて

トップスピンをかける (プロネーション) 1

トップスピンをかける方法 2)プロネーションを使う方法 前腕の回内 (プロネーション) を使う方法です。 プロネーションという言葉が一人歩きしておりボールの威力を増す秘密のように言われていますが、プロネーションは単に "前腕を内側に捻...
プロネーションについて

トップスピンをかける (スイング角度)

トップスピンをかける方法 1)スイング角度を調整する方法 これは割合シンプルな方法です。ラケットでスピンをかけるための基本的な理解であり、初心者の方などはまずこれを実践してみてはどうかと思っています。 前述の通り打ち出す角度に対して9...
プロネーションについて

フォアハンドにおけるプロネーション

フォアハンドでトップスピンをかける フォアハンドやバックハンドでストロークを打つ際、トップスピンをかけて打つのが基本とされますが、色んな意味で「誤解がある」と考えています。 まず、トップスピンをかける際は「ラケットをボールの下側から上側...
プロネーションについて

グリップの厚さとプロネーション3

厚いグリップで打つサーブのラケット軌道 厚いグリップで打つ "羽子板サーブ" のラケット軌道イメージを見てみます。 極端に厚いグリップでサーブを打つ場合、ラケット面は最初からボール方向を向いており、ラケットの中心軸と前腕は同一線上に...
プロネーションについて

グリップの厚さとプロネーション2

前腕のプロネーションを確認する 前述の通り、プロネーションとは肘から手首までの前腕にある2本の骨が捻れることで起きます。ラケットに大きくその効果を反映させるには "前腕とラケットに角度が必要" になります。 プロネーション例1 (腕とラ...
プロネーションについて

グリップの厚さとプロネーション1

プロネーションを使うためにサーブは薄いグリップで打つ? サーブを練習する際によく言われることは「サーブは薄いグリップで打つものだ」という事です。何故、厚いグリップで打ってはいけないかという説明でよく言われるものが「厚いグリップではプロネー...
プロネーションについて

サーブにおけるプロネーション

プロネーションを使うことはサーブのコツなのか? サーブの練習をしていると「サーブではプロネーションを使え」「プロネーションが威力を上げるコツだ」のように言われることがよくあります。 ただ、私は、そう言っている人の多くが「プロネーションの...
プロネーションについて

回内(プロネーション)とは

前腕の機能としてのプロネーション テニスでよく耳にする「プロネーション」という動作は、肘から手首までの前腕にある2本の骨(尺骨と橈骨)が捻れることで起きる動作です。 よく誤解される "手首を回す動作" ではありません。これは反対側...
スポンサーリンク