ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

打点でボールは押せない

「打点で力が入る」「ボールを押す」といった表現 初心者がテニスを教わる際、"空中の一点である打点"を示され、その位置にラケット面を指し出すくことで「この打点でボールを打つのだよ」と教わります。 打点の位置に差し出したラケット面でボールに...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

打点は”点”ではない

"打点"という言葉 テニスを教わる際、ボールを打つ位置・場所という意味での「打点」を各自、イメージ・確認するように指導されます。 打点の位置にラケットをセットし、「この形がインパクトの形です。この位置でこうやってボールを捉えるのです...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

厚い当たり・ボールを潰すとは

厚い当たりで打つ・ボールを潰して打つ テニスでボールを打つ際によく聞く話題で「厚い当たりでボールを打つには?」「ボールを潰して打つには?」といったものがあります。 しっかりボールを打てている上級者の方やプロの選手が打っている様子を見ると...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ボールを打つこととスタンスの関係

本来、ボールを打つことと"スタンスの違い"は関係しない フォアハンドをスクエアスタンスの横向きのテイバックで打つ場合と、オープンスタンスで打つ場合を比べると「オープンスタンスの方がスクエアスタンスよりも優れている」と考える方が居ます。 ...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ボールに回転をかける トップスピンとスライス

ボールに回転をかけて打つ 硬式テニスはボールに回転をかけて打つことが求められます。 両サイドのコートの間にはネットが91.4~107cm(シングルス)の高さで張ってあり、ベースライン付近から直線的な軌道のボールを打ってネットを越し、且つ...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ボールは体重移動では打たない

ボールを打つ際は "体重移動をして打つ" という説明 この後、フォアハンドにおける体重移動という話 でも改めて説明していますが、初心者の方がテニスを教わる際には必ずと言っていいほど「ボールを打つ際は体重移動をして打つ」「体重移動をしないと...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ラケットとボールは固定されていない

ラケットとボールは固定されていないということ テニスをやっている人の中でもまず注目されることはありませんが、『ラケットとボールは”動かないよう固定されている"訳ではない』と理解することはとても大事だと考えています。 前述したようにボール...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

遠心力でボールは飛ばない

スポーツで頻繁に使われる「遠心力を使う」という表現 スポーツでは、本当によく「遠心力を使う」といった表現が使われます。 著名なプロ野球選手、ゴルフ選手、解説者の方がテレビで「遠心力を使ってボールを投げる」や「バットの遠心力でボールを...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ボールを飛ばすのは力ではない

ラケットでボールを飛ばす理屈を理解する ラケットでボールが飛ぶ理屈で書いたように、ラケットを振ることで得られる運動エネルギーは “1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード^2 (2乗)” で計算されます。 同じラケットを同じスピード...
ラケットでボールを飛ばすということ (理屈の理解)

ラケットを振り子のように動かしてみると

ラケットに働く慣性の力 ラケットのグリップ部を2本の指で両側から抑える等してラケットを振り子のように振ってみると、本来は慣性の法則で直進するはずのラケットが進む方向を変えながら円周状の軌道を描くのが分かります。   動きを見ると、ラケ...
スポンサーリンク