ラケットスイング

ラケットスイング

ラケットスピードとグリップの関係性

加速したラケットが体の位置を追い越し前に進んでいくには厚くないグリップの方が向いている 打点の位置に相当する "ボールの打ち出す角度に自然とラケット面が向く (打ち出し角度に対し真後ろから90度で当てるのが最も正確にインパクトできる) ラ...
ラケットスイング

ラケットの加速とスピン、スイング軌道の関係性

「スイングする目的はボールを飛ばすこと」という大前提 ラケットをスイングする最大の目的は "ボールを飛ばすこと" です。 スイングによってラケットが得る運動エネルギーが接触することでボールに伝わり、伝わった運動エネルギーがボールスピード...
ラケットスイング

ラケットヘッドが出てこない

体が回転してもラケットヘッドが出てこない "回転させた体が正面を向いた状態でもラケットヘッドが肩の位置を追い越していない"フォームになっているのをよく見かけます。 これを「ラケットヘッドが出ていくるのが遅い」と良い意味で言われる場合...
ラケットスイング

ラケットの加速と打ち方の関係3

上半身を捻ってテイバックを取る打ち方はラケットを加速させやすく、加速させるのに無理がない 「スクエアスタンスによる横向きのテイバックを取ってから打つ打ち方」と「正面を向いた状態から上半身を捻ることでテイバックを取る打ち方 (現代的なフォア...
ラケットスイング

ラケットの加速と打ち方の関係2

正面を向いた状態から上半身を撚ることでテイバックを取るフォアハンド 正面を向いた構えの状態(レディ状態)から上半身を撚ることでテイバックを取るフォアハンドでは、テイバックの位置から捻りを戻す事でボールを打つのに必要な"体を正面に向けた状態...
ラケットスイング

ラケットの加速と打ち方の関係1

打ち方の違いとラケットの加速 フォアハンドの例として上げた「スクエアスタンスによる横向きのテイバックを取ってから打つ打ち方」と「正面を向いた状態から上半身を捻ることでテイバックを取る打ち方 (現代的なフォアハンド)」の違いは、このカテゴリ...
ラケットスイング

フォアハンドにおける体重移動という話

皆が最初に教わるフォアハンドの打ち方 ラケットスピードを上げる話をする都合で、テニスを始める際、"最初に教わるフォアハンドの打ち方" を考えます。恐らくテニスを習って初めた殆どの人が当てはまると思います。 最初にフォアハンドの打ち方を教...
ラケットスイング

ラケットを加速させる

ラケットを加速させる ラケットの持つ運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケット速度 ^2 (2乗)」で表せます。ラケット重量を増やしても運動エネルギーは増えますが、シンプルに言えば2乗で増えるラケットスピードを上げる方が効果...
ラケットスイング

ラケットをスイングする意味

ラケットをスイングする意味 ボールを打つためにテイクバックされたラケットは腕や体を使って加速されることで運動運動エネルギーを持ちます。 そのエネルギーがインパクトで接触したボールに伝わり、ボールを前方に飛ばす力と回転させる力に反比例的に...
スポンサーリンク