サーブに対する理解

サーブに対する理解

回転はかけるもの?

回転をかけてサーブを打つということ 繰り返しになりますが全てのサーブは回転をかけて打つ必要があります。計算上、身長2mの人でも無回転のサーブを入れるためにはネット中央の一番低い部分でも白帯の上ボール1個分(約10cm)の空間を必ず通さない...
サーブに対する理解

トスが安定しない

サーブでトスを上げるのは難しい? 正直言ってしまうと、サーブにおいてトスを上げるのに注意する点はそれほど多くはありません。 例えば、トスを上げる際は、肘と手首を使わない(曲げない)よう手の平、前腕、上腕が一直線になるようにして肩を軸に腕...
サーブに対する理解

安定的なスイングスピード

ボールを飛ばし回転をかけるのはラケットの持つ運動エネルギー ラケットはスイングにより運動エネルギーを持ち、その大きさは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード^2 (2乗)」で計算されます。手に持つラケットは固定なので"スイングス...
サーブに対する理解

ラケットダウンに対する理解

ラケットダウンの形を作ります サーブの練習をする際に"トロフィーポーズ"と同様にサーブ中の代表的な形として示されるものに"ラケットダウン"があります。 初心者の方にサーブの説明をする際、最初からラケットダウンの形を作らせた状態からラケッ...
サーブに対する理解

トスの高さとトロフィーポーズ

打点の高さとサーブの確率 一般的に「サーブはできるだけ打点を高く取った方が確率が上がる」と考えられています。 それは間違いではありませんが、一般的な身長の人にとっては意味がないことです。 先に伸べたように身長2mの人がサーブを打っても...
サーブに対する理解

サーブでジャンプする意味3

回転をかけてサーブを打つということ サーブを打つ際、全て回転をかけて打つ必要があります。理由は既に書いたように身長2mを超える人でも無回転のサーブを入れるのはほぼ不可能だからです。 多くの人が「回転をかけていない」という意味で言う "フ...
サーブに対する理解

サーブでジャンプする意味2

サーブでジャンプする弊害を考える 既に書いたようにサーブを打つ際、打点を高くするためにジャンプをすることにほぼ意味はないと考えられます。 一方、サーブがうまく打てない人の多くは「ボールを打つ度に飛び方が違う」「ボールにスピードがない」「...
サーブに対する理解

サーブでジャンプする意味1

サーブを打つ際にジャンプする サーブを教わる際にプロや上手な人が打つサーブのフォームを参考にするせいか「サーブはジャンプして打つもの」という先入観を皆が持っています。 ただ、先に計算した通り、身長2mの人が打っても "無回転のサーブ" ...
サーブに対する理解

フラットサーブに必要な打点の高さ

フラットサーブを入れるのに必用な打点の高さを計算 一般的に多くの人がサーブの基本として教わるのは "フラットサーブ" だと思いますが、フラットサーブを打つには高い身重が必要で、2m以上の身長があるのでもなければサーブを打つ際には回転をかけ...
スポンサーリンク