スポンサーリンク
根拠とする理屈を考える

サイトを変更しました。

サイトを更新しました。 雑記ブログであるlond日記で書いている『自身のテニスの上達のために日々考えている内容』を項目毎に整理しようと思い2017年にこのサイトを作りました。 ただ、内容が増えるたびにサイトの見通しが悪くなって...
両手打ちバックハンド

両手打ちバックハンドにおける左右の肩の高低差、打点とグリップ、トップハンドとボトムハンド

両手打ちバックハンドで左右の肩に高さに違いがある、高低差がある。ボールを打つ際、プロは非聞き手側の肩が上がっている。両手でラケットを握る事から来る制限、身体の仕組み、トップハンドとボトムハンド。両手打ちバックハンドについて考えます。
根拠とする理屈を考える

テニスでは「相手を観察し、準備する」のが前提になる

自分がボールを打ったらそこで終わり。相手のボールが飛んできてから準備する。これがテニスで自分の実力を発揮できない大きな要因になります。相手を観察し、予測し、判断し、準備する。これを毎回実行するのがテニスの前提。習慣付けないとテニスというスポーツが成立しない、自分がそこに参加する事ができないのです。
サーブ

「高い打点で打つ方がサーブは入る」は正しいとは言えない

「高い打点で打つ方がサーブが入る」は正しいとは言えない。サーブにおける『通説』、皆が「常識だ」と思っている内容が正しくないとしたら? 教わる内容の「否定」ではなく自身のテニスに対する理解を深めるための「確認」です。
サーブ

セカンドサーブは入れにいくべきなのか?

入れにいくセカンドサーブはダメ? サーブの基本はフラットサーブ、2ndではスピンサーブという一般認識について。サーブが入る確率ではなく、サーブが入った際に最終的にどの位の確率で得点出来たかで考えたい。同じ効果的なサーブを "2回" 打つという事
上達を目指すために

女性の方が上達しやすい?上達に繋がる思考や意識を考える

女性の方が男性よりテニスが上達しやすい? テニススクールで見られる男女の取り組み方の違い。ここから性別問わずテニスの上達に繋がる意識、思考とはどういうものか考えます。
上達を目指すために

それは本当の実力? 『観客モード』と『実行モード』を切り替える

今日のテニスで「今までで一番のパフォーマンス」を出すために。周りが打つボール、プレーに影響されてミスをしてしまっている。練習で "集中" できていなかったり、集中しているつもりでもボールを打っていない時と変わらぬ精神状態だったり。スポーツと精神状態の関係性。重要であろうこの部分について考えます。
片手打ちバックハンド

片手打ちバックハンドは難しい。両手打ちの方が強い?

片手打ちバックハンドの習得は難しい。しかも昔と今では道具もテニスも違う。昔から変わらない『ボールの打ち方』で習っても一層上達が困難になっているかもしれません。「片手打ちより両手打ちの方が強いボールが打てる」という話も含めて「今、片手打ちバックハンドを始めるには?」を考えます
根拠とする理屈を考える

ボールが飛び回転がかかるエネルギーはどこから来るのか?

「ラケットを振ってボールを飛ばす」という意識では不十分です。物理的現象であるボールの飛び、回転を生むエネルギーはボールとラケットの2つから供給され、我々は状況やショットによってそれらを使い分けないといけません。ボレーでラケットを振るなと言われる理由、皆がボレーを苦手な理由も関連してきます。
根拠とする理屈を考える

ボールを打つ前にまず “理屈” を知っておく

テニスの上達のために理屈を学ぶ。ボールが飛ぶ、回転がかかるのは物理的な現象なので結果が起きるには条件があります。それらに目を向けないまま日々たくさんのボールを打ち続けるのは勿体ない。誰もが等しく一定レベルまで上達するために客観的根拠に基づく理解を前提に持ちたいのです。
タイトルとURLをコピーしました