PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニススクールに通ってもテニスは上達しない?

スポンサーリンク

ほぼ全員が直面する「思うようにテニスが上達していかない」悩み

予め「成人がテニスを始める際、唯一と言ってよい選択肢がテニススクールだ」と言っておきながら、即否定するようなタイトルになりますが、多くの方にとっての現実だと考えます。

これからテニスを始めよう、テニススクールに通おうと思っている方々が入会前に思う「テニススクールでコーチに教われば、かっこよくボールを打て、試合で良いプレーを決められるようになるかも」といった期待は、殆どの場合、実現しないでしょう。テニススクールに通うような我々の “ほぼ全員が” 「レッスンも受けているが思うようにテニスが上達していかない」と感じると思います。

※”ほぼ全員” の例外は「上達に全く関心がない」方や「自分で努力出来る一抜け組」等で「才能がー」は無関係です。後述しますがテニススクール上級ですら “殆どの方が” 到達できる程度でしかないのです。

ボール速度、弾み方、進み方。ラケットを使う感覚のない入門者の段階では、文字通り「練習するほど上手くなる」感覚が得られます。

ただ、ボールを打てるようになり、初級、中級、上級と認定は進んでもやっているテニス自体は “さほど” 上達しないのです。

思うように上達しない日々が続き、テニス以外の事にも興味が出てくる。2~3年目位の中級手前でテニススクールを止めてしまう方はとても多いです。(テニスを続ける壁が中級という感じ)

中級以上まで続けても、その多くは “何年も同じ状態で” テニスをやっている。周りの人も皆同じ。飛びぬけて上達していく人など誰も居ないので「テニスは難しい。簡単に上達しないのが普通」と停滞した状況を肯定し始める。

自分では解決法が分からないのでYouTube動画を見ながら「”分かっている誰か” が示してくれる『正解』でサクッと上達する」偶然を期待し続けて何年も経ってしまいます。

tennistennis

スクール上級は『誰でも到達できる中級者』の段階でしかない

「スクール上級」と言っても、草トーナメントに出て1回勝てれば良い、上位進出は難しい程度。テニス全般では『中級』の範疇でしかないでしょう。文字通り、まだ「伸びしろしかない」状態です。個人的にはテニススクールに通う殆どの方が “問題なく”上級認定まで到達できる」と考えています。

ただ、前述したように自分が上達しない、比較対象となる周りも同様。飛びぬけて上達していく人なんて誰も居ない。コーチは常に “忖度” して出鱈目なボールも打てるよう返球。「通用している」と勘違い。

バックハンド苦手、ボレーは嫌い。そんな『圧倒的に残ったままの出来ない事』より『数少ない自分が出来る事を頼りに「自分は上級だ。周りより上手い」と自信を持ってしまう方も大勢居られます。

tennistennis

「必要は発明の母」等と言いますが「圧倒的格上に一方的にやり込められる機会が定期的に訪れる」や「自分の方が上手いと思っていたメンバーに全然敵わなくなってきた」といった危機感がないと自ら肯定している停滞からぬけだせないままでしょう。「自分のテニスを上達させるのは自分自身。コーチや周りの人達ではない」だと思います。
※海外だと練習中のプロが一般のレッスンに合流なんて事もあるようです。

tennis

テニス上達法に効果がないのは “用途違い” だから

商売も絡み、世の中には『テニス上達法』が沢山供給されており、日々、新しい物も紹介され続けています。

当然、上達を考える我々の多くはこれらのテニス上達法を色々と試しているでしょう。

それでも「明確な効果が出ない、上達しない」と感じる。色々試しながら偶然出会う『分かっている誰かが提供してくれる上達のきっかけ』を待っている感じかもしれません。

責任もある専門家やプロの方々が全くの間違いや効果がないものを提供するとは考えづらいです。

この多くの方が感じる「これらの『テニス上達法』をあれこれ試しても自分のテニスが上達していかない状況については「テニススクールでレッスンを受けているような我々の上達にはそれらが “用途違い” だから」という事だと考えます。

風邪の症状があるのに胃薬を飲むのは適当ではないですね。

我々のテニスが上達しない理由は?

私が考えるテニススクールに通いレッスンを受けているような我々のテニスが上達しない理由は明確で、

まず、「自分のテニス上達について、自分で考え、行動していない」事があり、

その先に

「テニスをやっていないから当然テニスは上達しない」

「ボールが飛び回転がかかる理屈や理解の欠如」

といった事があると考えます。

逆に言えば “これだけ” です。「ボールを上手く打つ練習をする」といった話ではありません。テニス上達法の多くは『ボールの打ち方』を伝えるものだと想像します。だから我々には “用途違い” で効果が出ないと書きました。